2012年10月03日

ディグニタス・スイスの自殺幇助期間は外国人を受け入れる…すごく怖くなった。

スイス在住者を対象にした自殺幇助機関のほかに外国人を受け入れるディグニタスという組織があり、世界中から希望者が訪れる「自殺ツーリズム」の場所となっている。08年には事故で全身マヒになった23歳の英国人青年が「2流の人間」として生きて行くのは嫌だと言って、両親がディグニタスに連れていって自殺させた。翌09年には健康な高齢男性が「妻を失っては生きていけない」といって、末期がんの妻と一緒に同じくディグニタスで自殺している。ディグニタスを運営する元弁護士のルドウィッグ・ミネリは、死にたいと希望する人には無条件に「死の自己決定権」が認められるべきだとの持論の持ち主である。
SYNODOS JOURNAL : 安楽死や自殺幇助が合法化された国々で起こっていること 児玉真美
あわせて確認。
エグジット 「エグジット(edit)」は1982年にスイスで結成された人間的な死のための自殺幇助を行う組織である。ドイツと同じくスイスでも自殺幇助は法的に認められており、国際的にも幇助にもっとも寛容な国である。スイスには「ディグニタス(dignitas)」と「エグジット」の2つの団体がある。 また、間接的積極的安楽死の道は「エグジット」の理事ロルフ・シグ博士により開かれたといわれている。もし、「エグジット」の会員が最終的に死の決断をした場合、「エグジット」から委託された慈悲殺への対応に習熟したものが出向き、睡眠薬を渡し患者は自分でそれを飲み、眠りとともに死に導かれる。患者は最後まで見守られ、必要な介護を受ける。これまでにシグ博士夫妻は最終的な視を決断した100人以上の患者に、子の医療のうちでももっとも困難な奉仕を行ってきたといわれている。これを支えるのが“「利己的動機」による自殺幇助は禁固5年以上の犯罪とみなすのに対し、「患者を苦痛から救う自殺幇助は非利己的」と解釈する”というスイスの刑法である。エグジット - Jinkawiki

 

正直、言うと・・・とても怖くなりました。HTBCを確認していると、極端な例・・・というような意見もあるのですが・・・障害をおった人も、健康な人も、精神的な理由で自殺したい・・・というのが、受け入れられるとは・・・。

勿論、外国の制度なので、それに対して、反対とかはお国柄とかの違いだと思うのですが、ただただ、自分と同じ世界で、それが起きていることが信じられなかったです。

日本でも、そういう機関がなくても、年間で自殺は起きていますが・・・自殺幇助の期間があったら・・・。しかし、そもそも、勉強とか、いじめとか、就職、労働条件等々が原因だった時に、幇助がされるとも思えないですが・・・。

しかし、ただただ、怖いニュースでした・・・。それが「ある」ということが、恐ろしいです。


スポンサーリンク
posted by ホットアルファ武士。 at 05:52 | Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スペース失礼します。

Change.orgにて安楽死に関する署名活動を行っています。賛同いただける方はご署名お願いします。

http://goo.gl/epuQJ
Posted by 匿名 at 2013年07月16日 16:18
なに嘘書いてるの!
末期癌とかじゃないと受け入れられません!
Posted by くみ at 2013年10月04日 02:23
むしろ、救いだと思う。
Posted by at 2014年01月12日 23:48
死ぬことも立派な権利だろ
それとも地獄のような状況で苦しみながら生き続けることを強制するのか?
死ぬことよりも生きることが苦しいと思ったときには、死は救いだよ
Posted by at 2014年02月27日 20:29
そんなに恐ろしいですか?
私には、自殺者の遺族まで冷たい目で見られる日本の厳しさの方が遥かに恐ろしいです
Posted by at 2014年04月15日 07:42
精神的な理由で自殺していってだけで安楽死させる機関ではないですよ。
あなた理解できてないようです。
恐ろしいという発想しかない方が恐ろしいと思う。
Posted by at 2014年04月27日 14:11
普通に暮らしてる人にはわからないのでしょう。
年間3万人がどんな思いで自殺してるのか。
飛び降り、列車への飛び込み、練炭、OD、
首つりなどなど。
どれをとっても苦しみや、恐怖があるのですよ。
それが家族に看取られる中で安らかに自らの意志で旅立てるのです。
それのどこが恐ろしいのでしょう?
Posted by at 2014年09月26日 15:14
俺も上の人と同意見だなぁ。
生活保護も受けられず路上でのたれ死んだり、売春宿にエイズにされてるまで強姦され続ける日本のほうがよっぽど地獄絵図。

Posted by at 2014年09月29日 04:10
幸せな人ですね。死にたいと本気で考えたことなんかないんでしょうね。あなたのような人たちが日本で安楽死制度の成立を邪魔していると思うとやるせません。死にたい人はほっときゃいいじゃないですか。
Posted by at 2014年10月11日 15:19
安楽死が正当で不可侵の人権として保障されないのなら、相手(未来の世代)の承諾なしに勝手に産み落とさないでくれ!
Posted by at 2014年10月20日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: